決算前検討会議

決算の数字は対策によって変えることが出来る

まつだ税理士事務所では、決算日の3ヶ月前ごろから「決算前検討会議」を実施します。

「決算前検討会議」とは、その名の通り今期の決算の着地点に向けて予測を行い、そこに向けてどのようなアクションを起こすのかを事前に検討する会議です。

会計事務所に不満を持たれる話でよく聞かれるのは、「決算申告期限ぎりぎりになって納税額を知らされた」とか、「これだけの税金が出ることがわかっていたら、決算前になにかしら手を打ちたかったのに」とか、「前もって言ってくれないと納税資金が準備できない」など、決算・申告に関する不満というのがあるようです。特に消費税の納税資金の確保は中小企業の資金繰りに大変大きな影響を与えるため、事前の資金確保が必須になってきます。

 

「決算前検討会議」では、まつだ税理士事務所が作成した今期の決算を予測したシミュレーション資料を元に、社長と幹部の方と今期の決算はどれぐらいになるのかを話し合います。

さらに業績予測を精度の高いものにするために、決算までの各月における売上高、固定費などのデータを持ち寄り検討を深め、当期のおおよその業績を予測して、それをもとに税額がいくらになるのかを把握し、節税・納税資金準備・銀行対策等を検討することが可能になります。

 

 

安心して決算を迎えることが出来ます。

「決算前検討会議」を行うことで、おおよその納税額の見当がつくため、「納付期限の直前に、会計事務所が持ってきた申告書ともに納付書が渡されて、支払う税金の額にびっくりした」というトラブルは回避することができます。

これで、決算日の前後で慌てることはなくなり、余裕を持って決算申告を迎えることできるようになります。