記帳・帳簿 整理 合理化

入出金をデータ化することは、会計業務の基本です。ITの発展と共にデータ化作業は自動化が当たり前の時代に入ってきました。とはいえ、PCの操作、入力、スキャン、クラウドとのリンクなど慣れていない業務のハードルは決して低くないのも事実です。

まつだ税理士事務所では、お客様の状況やスキルに応じて、「弥生会計」「会計王」「MFクラウド」「freee」など記帳代行・自動化へのサポートをしております。

 

 

記帳代行

経理は意外と難しい業務で簿記の知識がない人が行うと、いろいろ細かいミスで決算のやり直しなど大幅な時間のロスになることがあります。会社にとっては、経理担当者の不正、不利益な計上、違法とは知らずに計上したことで様々な問題を引き起こす可能性もあります。しかし記帳代行することで時間の節約や経理社員を雇用するよりも安いなどのメリットがあります。

 

 

PCソフト指導

市販の会計ソフトは意外に難しく、多くの人は帳簿や決算書を専門家に作成してもらっているのが実情です。事業を始めて何を準備すればいいのか、初めての方にも、パソコンを触れられる程度の方でも、基礎から会計ソフト等が使えるようになるまで支援致します。

 

 

クラウド会計導入支援

クラウド会計とは、インターネットを使用できる環境があれば、いつでもどこでも作業できる会計システムです。従来のアプリケーション型の会計ソフトのように、インストールやご自身のパソコンに保存といった作業は必要ありません。

クラウド会計では、ネットワーク上にあるサーバの中にソフトウェアやデータが存在するので、利用者は必要に応じてアクセスし、サービスを利用します。 そのため、ソフトウェアを購入する必要がない、データ消失リスクが低いという点が、大きな特徴です。
もうひとつ大きな特徴が取引データの自動取り込みです。

 クラウド会計では、預金取引やクレジットカード取引等のデータを自動的に取り込み、自動的に最適な仕訳を判断して処理するという仕組みがありますので、日々の経理・記帳業務の負担を大幅に減らすことができます。

 また、スマホを活用することで空いている時間に少しずつ作業することが可能になるため、記帳業務をタイムリーに行いやすい環境も整備できます。

 不慣れな経理作業に時間を割かなくても済むようになれば、自計化へのハードルも低くなるのではないでしょうか。

当事務所では、freee、MFクラウド、弥生会計オンラインといったクラウド会計システムの導入支援を

積極的に行っております。

 

 

Coming Soon ・・・